著作権フリー音楽 TOP. » BlogTop. » Posts

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」という映画を観ました。

「だんだん若返っていく」という奇妙な病気というか
運命のようなものに操られた一人の男の人生を描いた
物語なのですが、これはすごく面白かったです。

デビッドフィンチャーが監督で、主演がブラッドピット。
小説家のスコットフィッツジェラルドが原作らしい。

あらすじとしては、1918年に80歳の姿で生まれた
赤ん坊はある施設の階段に置き去りにされている。
子供が出来なかった黒人女性はその赤ん坊を拾い、
ベンジャミンと名付け、自身が働く老人施設でベンジャミンを
育てる。ベンジャミンは成長するにつれ若返っていった。

1930年、ベンジャミンは少女デイジーと出会い、次第に
ふたりは心を通わせた。仲が親密になっていくにつれて
ベンジャミンの若返りとデイジーの成長は進み、やがて
同じぐらいの年格好となった。

しかし、この後も普通に年をとっていくデイジーに待ってるのは
「老い」という現実。反対に父親になったベンジャミンはどんどん
若返っていくという恐怖に悩まされる。

というような話なんですが、これが本当に色々とうまく出来てて、
CGもかなり凄かって、こんなんどうやって撮影してるんだろうと
思わせられる映像が満載でした。

と思って、後で調べたらやっぱりアカデミー賞の美術賞を取ってた。
そりゃ凄いはずです。

過酷な運命を背負ったベンジャミンは、普通の人と共に同じような
人生を最後まで送れるはずがないことも理解し、成長をするにつれ、
ベンジャミンは周囲の人々を通じて、「生きること」とは何かを深く
考えていくという、とても切ない内容だったけど、これはかなりの
大作ですごく観ごたえがあった。

おすすめです。

studioguzliトップ