著作権フリー音楽 TOP. » BlogTop. » Posts

空気を一変する芸術、Miles Davis

あまりにも有名過ぎて、紹介するのが少々恥ずかしいのですが、
それでもやはり永遠の名盤で、個人的にも5本の指に入るくらい
大好きなアルバムのご紹介です。

ジャズの帝王と言われるマイルス・デイビスの1959年リリースのアルバム
『Kind Of Blue』という、ある意味マイルスの中でも最も有名な作品のひとつ。

やはりどう考えても素晴らしい。
名盤としか言いようがない至高の芸術作品。

そして、そのアルバム中でも特に個人的に好きなのは
「Blue In Green」と、「Flamenco Sketches」の2曲。

これを再生するだけでその部屋、空間の空気が一変する。
押し付けがましくなく、でも最大の存在感と個性で空気を激変する。
これは本当にすごい。もちろん、皆さんご存知だと思うのですが、やはりすごい。

もしご存知のない方は、ジャズだとか何だとか難しいことは全く考えずに、
一度聴いて見てください。

きっと色んなイマジネーションが膨らんで、今まで体験したことがないような
気持ちになれること間違いなしだと思います。

studioguzliトップ